このページの本文へジャンプ

メニューへジャンプ

ここから本文です。

エレベーターを安全、快適にご利用いただくために

エレベーターのご利用について

安全に、そして快適にエレベーターをご利用いただくために、皆様のご協力をお願いいたします。またお子様の無意識の行為が危険に結びつくこともありますので、お子様へのご指導も併せてお願いいたします。

お願い

扉の敷居への落とし物にご注意ください

安全のため、扉が閉まらないとエレベーターは動きません。ゴミや小物などを落として敷居のミゾを詰まらせないようにしてください。

かけ込みはおやめください

扉の閉じかけたエレベーターにかけ込むことは絶対におやめください。挟まれたり転倒したりしてケガを負うことがあります。また、他の方と衝突するなどして思わぬ事故となることもあります。

  • 禁止
  • 注意

ペットのリード(ひも)にご注意ください

ペットのリードやマフラー、なわとびなど、長いひも状のものは、注意が必要です。扉に挟まれたままエレベーターが動き出すと、思いもかけない大きな事故につながります。

閉まる前の無理なかけ込みはやめましょう。 乗降時はペットと離れないようにリードは短くまとめて持つか、ペットをなるべく抱えてください。 もし挟んでしまったら、リードから手を離してください。

  • 長いひもなどの挟(はさ)まれに注意! ちょっと危険なシーンをアニメで再現
  • 禁止
  • 危険

定員、積載量を守り、譲りあってご利用ください

エレベーターの利用待ちで混雑している際には、お年寄りやお子様連れの方を優先し、譲りあってご利用ください。

※無理に乗り込まれますと、定員・積載量オーバーとなって、エレベーターは動きません。

  • 注意

エレベーター内は禁煙です

まわりの方への迷惑となるだけでなく火災の原因ともなりますので、エレベーター内は禁煙です。

  • 禁止
  • 注意

エレベーター内の犯罪にご注意ください

ひとりで利用されるときは、周囲に不審者がいないかを確かめましょう。また見知らぬ人と同乗する場合は、ボタンをすぐに押せるように、操作盤近くに立つことをお勧めします。

  • 注意

お子様のご利用について

ドアの引き込まれにご注意ください

扉にもたれかかったり手をふれたりしていると、扉が開く時、手を引き込まれる危険があります。とくにお子さまには十分ご注意ください。

  • ドアにふれないで! ちょっと危険なシーンをアニメで再現
  • 注意

お子様の1人乗りは危険です

不注意やイタズラなど、お子様の行動が思わぬ事故や故障を引き起こすことがあります。また停電などのアクシデントが発生した場合、お子様1人では対応が困難になる可能性があります。必ず保護者の方が付き添ってご利用ください。

  • 禁止
  • 危険

エレベーター内であばれると危険です

大きな動きを検知すると安全装置が作動して非常停止する場合があり、場合によってはとじ込められることもあります。

  • 禁止
  • 危険

ボタンはていねいに扱ってください

乱暴な操作はエレベーターの誤作動や故障の原因となります。また不必要なボタンを操作すると他の利用者への迷惑ともなります。

  • 禁止
  • 注意
  • 危険

    正しい乗り方をしないと危険な状況が起こり、死亡または重傷を受ける可能性があるもの。

  • 注意

    正しい乗り方をしないと、傷害を受けたり、機器・装置などが破損するおそれがあるもの。

  • 禁止

    おこなってはいけない「禁止」の内容です。

ここからメニューです。